スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶滅危惧種

スクリーニングすると、いろんな生き物?が
絶滅に瀕しているようだワン。

・まともな会社で配当利回り5%以上の銘柄
・高収益な会社でPER10倍以下の銘柄

どちらももはや絶滅に瀕しているワン。
ずっと待ち望んでいた状況でもあるし、
ある意味面倒くさい状況でもあるワン。

ポチの場合、

・高収益
・成長余地
・PER10倍以下

という諸条件のうち、最初にゆるめるのは、
多分、高収益という項目だワン。

次が成長余地。

PERの条件はゆるめることなく、
まったく買えるものがなくなったら資産バリュー株に走って、
それもなくなったら株式市場からさようなら、だと思うワン。

これは、資産バリュー投資における
PBRを例にすればわかりやすいと思うワン。
PBR1倍以下、という絶対条件を取っ払ってしまうと、
資産バリュー投資の主軸が無くなってしまうワン。
資産より割安に買うからこその資産バリュー投資だワン。

収益バリュー投資でそれに相当するのが、
PERの基準ということだワン。


ちなみに、PERの基準は、金利動向によっては変える必要があるワン。
日本はずっと低金利で安定していたので、
今までは変える必要がなかったワン。
でも、金利が大きく変わったら、
PERの基準も変えなければいけない可能性もあるワン。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

柴犬ポチ

Author:柴犬ポチ
 
日本株で10年以上、バリュー投資してるワン!
犬の癖に億超えしてるワン!
好きな言葉は「何これ安い」だワン!
※ポチの記事はすべてβ版ですワン。完成版では変更される可能性があるのでご注意くださいワン。

コメントは、動物語でお願いしますワン。動物の種類は問いませんワン。

カテゴリ
メディア掲載履歴
最新記事
最新コメント
投資ブログ
月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1458位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
563位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。