スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬的収益バリュー投資論その3

随分と間が開いてしましたが、早くしないと2013年が終わってしまうので、
駆け込みで犬的収益バリュー投資論その3をお届けしますワン。

今回のテーマは「使うEPSは過去でしょ!でも今でしょ!でもなく未来でしょ!」ですワン。

その1では、

・株式を利付債券の亜種だと捉えていること
・益回り=国債利回り+株式リスクプレミアム+流動性プレミアム
 で大雑把に妥当なお値段を推定できること

その2では、

・株価はだいたい適正価格帯に収まる。
・適正価格帯とは、適正価格×1/2≦価格≦適正価格×2倍である。
・適正価格帯の下限以下で買うのが”何これ安い!”

ということをお伝え致しましたワン。

EPSを使って株式の経済的に妥当なお値段を推定できて、
その値段よりどのくらい安ければ”何これ安い!”なのかがわかれば、
基本的に投資としては完結していますワン。

ただ、これには重大な前提条件がありますワン。
それは、EPSが債券の利子並みに磐石である、という前提ですワン。
これ、実は大問題なのですワン。


2003年 105.03円
2004年 114.59円
2005年 91.95円
2006年 155.35円
2007年 82.21円
2008年 50.95円
2009年 37.47円
2010年 -283.72円
2011年 24.71円
2012年 12.12円
2013年 -126.72円(予想)
合計 263.94円(11年平均23.99円)

こちらはたびたび犬の顔に泥を塗ってきたwww、
3331某ブルドッグさんのEPSの推移ですワン。

現在でこそ業績の数字上でも犬の皮化けの皮が剥がれていますが、
2006年のEPSは155円もありましたワン。
この155円、ないしは多少保守的に100円と見積もっていたとしても、
このEPSを使って某ブルドッグさんの株式の価値を推定していた場合、
今頃大損していたはずですワン。


2004年 6.16円
2005年 32.73円
2006年 51.08円
2007年 54.29円
2008年 56.33円
2009年 24.61円
2010年 -1.83円
2011年 14.82円
2012年 9.30円
2013年 -16.23円
2014年 23.56円(予想)
合計  254.82円(11年平均23.17円)

こちらは5401新日鉄住金のEPSの推移ですワン。
いわゆる景気循環株って奴ですワン。

このようにEPSが黒字や赤字を行ったり来たりする場合、
EPSに一体どのような値を使えばいいかがわかりづらいですワン。

こういう企業を収益バリュー投資で扱う場合、
EPSの平均を取る、というのが一応は対応策となりますワン。
11年間のEPSを平均すると、
良い時の大体1/2が新日鉄住金の実態EPSだということが
わかると思いますワン。

ただ、これも平均の取る時期によって、
数値が上に行き過ぎたり、下に行き過ぎたりする危険性がありますワン。


2004年 130.99円
2005年 157.71円
2006年 134.91円
2007年 103.96円
2008年 113.91円
2009年 111.72円
2010年 118.64円
2011年 117.97円
2012年 111.87円
2013年 119.52円
2014年 122.99円(予想)
合計 1344.19円(11年平均122.20円)

一方こちらは9437NTTドコモのEPSの推移ですワン。
ほぼ横ばいで業績の頭打ち感はひしひしと感じますが、
EPSの安定性は某ブルドッグや新日鉄住金と比較すると雲泥の差ですワン。


さて、これら3社のうち、どの株式がより債券のようにみなせるか?は
論を待たないと思いますワン。
もちろん、それはNTTドコモですワン。

NTTドコモのように収益のブレが少ない企業は、
その分株価の上下に意識を集中すればよく、
収益バリュー投資をするうえでは好都合ですワン。

将来の株価を最終的に決めるのは、
過去のEPSでも今のEPSでもなく、未来のEPSですワン。

未来のEPSがある程度想像できる株式に的を絞ることが、
収益バリュー投資をするうえでは重要になってきますワン。


2004年 0.84円
2005年 1.11円
2006年 24.63円
2007年 47.61円
2008年 59.04円
2009年 49.83円
2010年 73.14円
2011年 83.56円
2012年 108.58円
2013年 135.27円
2014年 137.16円(予想)
合計  720.77円(11年平均65.52円)

さて、問題はこのような企業ですワン。
これは3093トレジャーファクトリーのEPSの推移ですワン。
増資の実施によって減益のようにみえる年が1年ありますが、
実際にはここ10年連続で増収増益の見込みですワン。

こういった増収増益を続けている企業のEPSはどう扱うべきでしょうかワン?
平均EPSを使った場合、増益企業を過小評価してしまうことは明らかですワン。

では、今期予想EPSを使った場合はどうでしょうかワン?
実際にはこれでも、増収増益企業は過小評価してしまいますワン。


それではどんな値を使えばいいのでしょうかワン?
それは、ある程度想像できる範囲内で未来のEPSを使う
ということですワン。

人によってさまざまでしょうが、
ポチは10年先の未来はちょっと想像できないため、
数年から5年先程度がいいかな?と思って、
数年先のEPSを頭の中で想像して使っていますワン。

現時点でのEPSは、NTTドコモは120円程度、
トレファクは137円程度とかなり拮抗していますが、
ポチの頭の中での未来のEPSは、
NTTドコモは120円のままですが、
トレファクは137円よりもっと上とみていますワン。

現時点でNTTドコモとトレファクは株価も1,700円前後と拮抗しており、
今期予想PERもかなり拮抗していますワン。
ですが、ポチの中での未来のPERは、
NTTドコモとトレファクとではかなり違っていて、
トレファクのほうが未来のPERはかなり低くなると思っていますワン。

このように、過去でも今でもなく、未来のPERで各株式を比較検討して、
株式を買ったり売ったり入れ替えたりしていますワン。


収益バリュー投資は、このように未来のEPSを扱うため、
過去のBPSを扱う資産バリュー投資より難易度が高くなりますワン。

そのため、まずはしっかりとした収益基盤を持つ企業に
フォーカスすることが重要になってきますワン。

逆に言えば、しっかりとした収益基盤を持つ企業にフォーカスすれば、
過去のBPSを扱う資産バリュー投資並みの難易度で、
収益バリュー投資を行なえる、とも言えますワン。


また、必ずしもある1社の未来のEPSを正確に予測する必要はありませんワン。
ポートフォリオを組んで10社の株式を買っている場合、
この10社の未来のEPSの予測の合計が、概ね正解であれば問題はないのですワン。
分散のありがたい効果のひとつですワン。

それに加えて未来を控えめに予測することを心掛ければ、
バリュー投資でもっとも大切な概念である”安全域”を
さらに確保することができますワン。


若干まとまりに欠けた部分もありますが、
早くしないと2013年が終わってしまうためw、
犬的収益バリュー投資論その3はこれにて終了ですワン。

足りない部分は賢いみなさまの頭の中で
自動補正して頂けるものと確信しておりますワン!

ご清聴、ありがとうございましたワン。

続き



…ませんワン(笑)。
スポンサーサイト

現金に価値を上乗せする理由

節約発投資行き:超低金利を甘受する(ウォーレン・バフェット)
http://betseldom.blog.fc2.com/blog-entry-311.html

「節約発投資行き」さんのブログを読んでいたら、
ポチも思っていたことが書かれていたので、
それについて便乗して書きますワン。

現金自体は利回り0%の債券でしかなく、
銀行に預けても今の先進国各国だと雀の涙程度の利子しかもらえませんワン。

その、金融資産としては軟弱このうえない、
草食系男子なんて目じゃないほど草食系な、
というか紙幣ってそもそも草でできてるし…。

とにもかくにも草食系な軟弱金融資産である現金ですが、
そんな金融資産の落ちこぼれたる現金に、
ポチは利回り10%というお値段を付与していますワン。
(日本株の小型株用の現金の場合ですワン)

先のブログのように、格好良く小難しい言葉で説明すると、
現金にはコール・オプションの価値が上乗せされる、ということなのですが、
無学なポチにはこれ以上小難しい言葉を操れないので、
もっと幼稚な言葉で説明しますワン。

以前、日本の小型株は状況が変わらなければ
益回り10%ほどが適正価格だろうというお話をしましたが、
大雑把に言えば、益回り10%以上になる期間が半分程度、
益回り10%以下になる期間が半分程度になろうかと思いますワン。

時期によりけりですが、何年か待っていれば、
益回り10%程度の金融資産は買える時期が将来来るだろう、
とも言えますワン。

つまり、待っていれば利回り10%より有利な金融資産が
買える時期が来る可能性が高いのだから、
現金に、現金以上の価値を上乗せしたうえで、
他の金融資産と比較してもいいじゃないか、という訳ですワン。


ポチは現金に10%という、ちょっと甘めの評価をつけていますが、
これは適正価格の10%にしなければいけないという訳ではなく、
もっと相場が過熱した時にのみ、現金に、
将来もっと良い利回りで金融資産を買えるコール・オプションの価値を認めるとしても良くて、
例えば7%にするとか、人それぞれでも良い訳ですワン。

ちなみに、現金にこのコール・オプションとしての価値を認めない人たちが、
常にフルポジな人たち、ですワン。

小難しい金融工学を駆使すれば、現金のコール・オプション価値の適正価格も
求められるのかもしれませんが、ポチにはよくわからないので、
適正価格~適正価格×2の適正価格帯の中から、
自分の好みで適当に決めればいいのではないかと、
この記事を書いている最中に適当に思いましたワン。

犬的収益バリュー投資論その2

その1で終わらせてしまうのも面白いかなと思いつつ、
Google先生の脅迫!?にまたまた根負けして、
犬的収益バリュー投資論その2をお届けしますワン。

今回のテーマは「”何これ安い”って一体いくらなのさ!」ですワン。

前回のその1では、

・株式を利付債券の亜種だと捉えていること
・益回り=国債利回り+株式リスクプレミアム+流動性プレミアム
 で大雑把に妥当なお値段を推定できること

をお話しましたワン。
現状の日本の小型株の場合、益回り10%(PER10倍)くらいがちょうどいいとも。

じゃあ、いくらくらいなら、”何これ安い”になるのでしょうかワン?


その前に、バリュー投資家が陥りやすい罠を、
一点、指摘しておきたいと思いますワン。

まず、こちらのチャートをご覧くださいワン。
Jasdaq指数の、1997からのチャートですワン。

jasdaq.jpg

このチャートを見て、どう感じましたかワン?
仮に、株価の経済的な適正価格を推定できるとして、
適正価格に収束しているようなチャートと感じられますかワン?

収束するチャートというより、サイン・コサインの三角関数のグラフみたいですワン。
そう、通常、株価は適正価格には収束しないのですワン!
いつも、適正価格より安すぎたり、高すぎたりして、
適正な株価はただ通過するだけと言っても過言ではないのですワン!

このことを、かの有名なバリュー投資家であるベンジャミン・グレアムは、
株式市場をミスター・マーケットと擬人化して喩えていますワン。

でも、ベンジャミン・グレアムともあろうお人が、
この点では間違いを犯していますワン。
ここは、ミスター・マーケットではなく、
ミセス・マーケットと喩えるべきでしたワン!そうですワン!

ささいなことでヒステリックを起こして大暴落したかと思えば、
コロッと上機嫌になって大暴騰したり…。
まさに株式市場はミセス・マーケットですワン!そうですワン!


ちょっと話が逸れてしまいましたワン。
さて、先ほどのチャート、7,000のところに水平にラインを引いてみてくださいワン。
大雑把に言うと、高値が14,000ほどで、安値が3,500ほどだということが
おわかりいただけますかワン?

言い換えれば、適正であろうと思われる水準の2倍から1/2までは、
価格は平気で動く、とも言えますワン。

どなたか忘れてしまいましたが、

 株価はだいたい適正価格帯に収まる。
 適正価格帯とは、適正価格×1/2≦価格≦適正価格×2倍である。
 適正価格帯に収まっていれば、市場はだいたい適正に機能してると考えるべし。


とおっしゃっていましたワン。
まさにこの通りなのですワン!


さて、ここまでくると、”何これ安い”が一体いくらなのか、
察しがついてくると思いますワン。

何々、適正だと思われる価格の半額で買う!ですってワン?
惜しい、80点ですワン。

確かに適正だと思われる価格の半額で買って、
適正だと思われる価格を通過した時に売るというのでも十分儲かりますワン。
また、適正価格帯の下限で買っていることによって、
大きく損をする確率も減らしていますワン。
なかなかナイスなアイデアであることは間違いないですワン。

でも、ポチはもっと欲張りな犬なのですワン!そうですワン!
”何これ安い”とは、ジム・ロジャーズ風に言えば、
お金が道端に転がっていて、ただ拾えばいいような状況の株ですワン。

つまり…。
通常の適正価格帯の下限より、さらに安い価格のことだワン!
例えば、何の問題もない日本の小型株が、PER3.5倍という価格で絶賛販売中だとするワン。
この株は、適正価格帯の下限(PER5倍)に戻るだけでも、
+43%という利益が得られるワン。

適正価格(PER10倍)を通過するまでのんびり待てれば、
2.86倍という利益が得られるワン!

よくない経済状況が続く中でも利益を得るチャンスがあり、
通常の状況に戻れば大きく利益を得られるチャンスがある…。
これこそがポチの言う”何これ安い”なのですワン!

続く



…かは、お犬様の気分次第だワン(笑)。
プロフィール

柴犬ポチ

Author:柴犬ポチ
 
日本株で10年以上、バリュー投資してるワン!
犬の癖に億超えしてるワン!
好きな言葉は「何これ安い」だワン!
※ポチの記事はすべてβ版ですワン。完成版では変更される可能性があるのでご注意くださいワン。

コメントは、動物語でお願いしますワン。動物の種類は問いませんワン。

カテゴリ
メディア掲載履歴
最新記事
最新コメント
投資ブログ
月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1536位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
575位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。